てまえみそ.com
トップページ
about沖縄
沖縄を楽しむ方法
沖縄の食材
メールでお問い合わせ

沖縄のこだわり食材や特産物のお取り寄せ、沖縄の観光・歴史・交通に関するディープな情報をお届けします。
沖縄食材
沖縄の食材 >> 沖縄の陸の食材

沖縄には「長寿の秘訣」ともいわれる様々な珍しい食材があります。

沖縄の美味しい珍しい食べ物
沖縄にはたくさんの変わった食べ物があります。もちろん調理方法もそうですが、食材そのものが珍しいものがたくさんあり、最近ではそれがちょっとしたブームになったりしています。
例えば“シークヮサー”。最近では「沖縄産シークヮサー入り」や「四季柑」などの表示による台湾産のものが多くなっております。
ここ数年のブームで内地の業者がほとんど買い上げてしまっているようで、沖縄県内では純沖縄産シークヮサーの入手が困難となっているようです。しかし、まだ沖縄にはたくさんの珍しいものや美味しいものがあります。こちらではそのようなものをご紹介していきます。きっと次にブレイクするものがあるでしょう!

原料とおいしい食べ方
青切りシークヮサー
シークヮサー
和名で「ヒラミーレモン」という、沖縄などに自生する柑橘類の一種。
長寿県・沖縄の中でも長寿日本一である大宜味村での栽培が有名。そのイメージからか、ここ最近の人気は急上昇中です。ノビレチン、タンジェレチン、ヘスペリジンなどの有効成分が豊富に含まれており、血糖値の上昇やダイエット、花粉症にまで効果があるともいわれています。

味は「ゆず」や「かぼす」や「すだち」の親戚とでも言えばよいでしょうか?
青切りシークヮサー(ジュース状)は5〜8倍程度に水や炭酸水などで割り、シロップなどを入れてそのまま飲んでも美味しいですが、お刺身の醤油に入れたり、焼き魚にかけたりといろいろ使えます。個人的には泡盛に入れて飲むのがサイコーです!
シークヮサーポン酢で食べるひじきや海ぶどうも美味しいです。


うっちん

うっちんとは沖縄方言でウコンのことを言います。
ウコンとはショウガ科の多年草で、高温多湿を好み、南アジアを中心に、アジア、アフリカ、中南米の各大陸の熱帯から亜熱帯にかけて広く自生しています。 ターメリックともよばれ、世界的に親しまれております。
クルクミンという成分を多く含み、肝臓の働きの補助をします。
沖縄の居酒屋などでは、泡盛を割る水の代わりにウコン水を出すところもあります。


島らっきょう
島らっきょう
沖縄産のらっきょうで、内地のものより小ぶりです。生のままてんぷらにして食べることが多く、最近では観光客にも人気で居酒屋などにもあります。
味は「ノビル」(ってわかりますか?)のような感じなのですが、長ねぎを辛くしてにおいを強くした感じ・・・。好きな人はきっとはまります。僕もその一人です。嫌いな人は1m以内に近づかないはず?!
冷蔵庫に入れておくと冷蔵庫中臭います。
【1】 塩漬けですので食べる分だけ水で洗い、塩抜きをしてください。
【2】 生のまま鰹節などをのせ、醤油をたらっとかけてお召し上がりください。
【その他】天ぷら(沖縄てんぷら→フリッターのような感じ)の具にして「あちこーこー」のまま塩をふってお召し上がりください。生のままをキムチの素につけても美味しいです。

豆腐よう
豆腐よう
沖縄豆腐を紅麹(べにこうじ)と泡盛に漬け込んで発酵熟成させた沖縄伝統食品。
琉球王朝時代には滋養強壮に良いとされ王侯貴族の間で珍重賞味されていました。
チーズのような食感とウニのような風味を合わせ持った不思議な味は東洋のチーズとも称されています。コクのある独特の旨味はまさに珍味の王と呼ぶにふさわしい琉球王朝の宮廷珍味を代表する逸品です。
そのままお皿に盛り、爪楊枝などでちょっとずつ取り、お口の中で芳醇な香りを楽しみながら泡盛を飲みます!?


南国フルーツ
沖縄には南国特有のフルーツがたくさんあります。マンゴーをはじめパイナップル・グァバなどが有名ですが最近ではドラゴンフルーツなども認知度が上がってきていますね。
まだまだいろいろと話題性のあるフルーツもありますのでメールマガジン等でご紹介してゆきたいと思います。
マンゴーはかなり高価で普段はあまり食べる機会が少ないのですが、時々市場などでミニマンゴーなどを買います。それを皮を剥きタッパーに入れて凍らせて、海にもっていって食べると最高です。
ジュースもおいしいですよ!

ご購入はこちらから
こちらでご紹介しました商品の一部は、「沖縄のお取り寄せ専門店沖縄フードマイスター」にてご購入いただけます。


↑ページ上へ

Copyright(C)2005-2008 temae-miso.com all rights reserved.