てまえみそ.com
トップページ
about沖縄
沖縄を楽しむ方法
沖縄の食材
メールでお問い合わせ

沖縄のこだわり食材や特産物のお取り寄せ、沖縄の観光・歴史・交通に関するディープな情報をお届けします。
やっぱり海!Play編

沖縄を楽しむ方法 >> やっぱり海!Play編

青い空・白い雲・そしてなんと言っても美しい海!
“ちゅら海”に入れば沖縄のすばらしさを実感することでしょう。


沖縄は県の周囲全てが海に囲まれています。しかも、那覇からやんばる(北部)の端にある辺戸岬辺りまで車で移動しても2時間弱と、一日で充分まわれるちょうどいい大きさです。もちろんビーチも良いのですが、それ以外にもたくさん海遊びを楽しめる場所があります。

港ダイビングをされる方なら一度は聞いたことがあるとは思いますが、沖縄で最もポピュラーなダイビングスポットとして、真栄田岬北谷のソフトコーラルの群生地などがあります。
また、かなり険しい山を降りて行けばウミガメと一緒に泳げるスポットもあります。
「ダイビング」となると、経験したことのない方は器具を積んで船などで行かなければならないのが難儀な気がしますが、意外と歩いて(といっても場所によっては崖を下りたりもする)行けたり、重装備がなくても水中メガネとシュノーケル等だけで、かなり楽しむことができる場所があります。
ただし、場所によっては人がほとんどいない所もありますので、事故には充分注意が必要です。特に今年はシュノーケル使用中の死亡事故が多いようです。きちんとした使い方を理解した上で、ご使用ください。さらにできれば、ライフベスト等があると良いでしょう。波の高い日やうねりのある日は海に入らない勇気も必要です。くれぐれも無理をしないでください。

港東京で生まれ育った私では想像もしなかった場所があります。それはです。以前、生粋のウチナーンチュのいとこに泳ぎに連れて行ってもらったのが、那覇市内の港でした。
いわゆる防波堤があり、消波ブロックが置いてある所。着いた時には、「えっ?釣りでもするの?」などと思いましたが、何のためらいもなく水に入るいとこに続いて入ってみると、何と綺麗なことか。港なので、遠浅ではないので景色は良いとは言えませんが、水深もある程度深く、泳いだりするのはこっちのほうが楽しいかも・・・と思ったぐらいでした。
実際に車であちこちをまわっていると、港で中学生くらいの子供たちが遊んでいる姿を見かけます。このあいだは、伊計島に行く海中道路にある道の駅の駐車場で、モリを持った中学生くらいの子供達が10人位で、たった今海から上がってきた感じで歩いていたりもしました。要するに、島全体が水遊びのスポットなのです。


ビーチ
沖縄にはたくさんのビーチがあります。ほとんどが青い空・白い雲・白い砂浜、というその場にいるだけで癒される風景が広がっています。ひとことにビーチといってもホテルのビーチ、公営ビーチ、人工のもの、自然のもの、大きいもの、小さいもの・・・、それぞれ特徴があるので、目的に応じて選ぶと良いでしょう。

ホテルのビーチは人工のところが多く、ハブクラゲ対策のネットなども張られていて、監視員もいるので安全で良いのですが、沖縄の海は非常に遠浅なので、時間によってはネットのところまで行っても、膝くらいまでしか水位がなかったりします。泳ぐ目的では少し物足りないかと思います。ただ、お子様連れの方などは安心できるでしょう。また、ホテルによって異なりますが、マリンスポーツ等が豊富に用意されていたりしますので、そちらを楽しむのも良いですね。

ホテル以外のビーチでも、場所によってネットがあったりなかったり、シュノーケル禁止であったり、シャワー・トイレ・売店だけの所から、その他施設の豊富な所まであります。もちろんマリンスポーツ等を楽しむことのできるところもあります。詳細は、「沖縄観光情報WEBサイト mahae plus」にて、“ビーチ”で検索してみてください。

ビーチちなみに私が好きでよく行くビーチは「瀬底ビーチ」です。つい先日もシュノーケルを使いリーフの周辺を泳いでみたら、沢山の種類の魚はもちろん、なんとイラブー(ウミヘビ)も見ることができました。
ウチナーンチュは泳ぐだけでなく、よく「ビーチパーリー」という楽しみ方を知っています。「ビーチパーリー」・・・つまり浜辺でバーベキューをしたりすることです。ビーチによってはバーベキューセットをレンタルしたり、食材も販売しているところもあります。沖縄の西海岸のビーチなどでは夕日がきれいに見えるので、夕日を見ながらのビーチパーティーも心地よさそうですね。

ダイビング
「沖縄の海は世界一きれいだ」などと聞いたことがある。僕自身はやらないが、僕の周りにもダイビングをするために沖縄に行くという人が沢山います。あなたの周りにもきっとそんな人がいるのでは?
シュノーケルをつけて泳ぐだけであれだけ楽しいのだから、装備をつければやめられなくなるだろうなぁと思います。今後やってみたいものの一つです。

マリンスポーツ
ビーチ沖縄のビーチでよく見かける風景の一つに、パラセーリングバナナボートなどのいわゆるマリンスポーツと呼ばれるものがあります。どちらかというと自然児な僕としては「いやいや、あんなものは・・・」と思っていたのですが、物は試しにとやってみると、これが意外と楽しい。やはり「喰わず嫌い」ではいけないなぁと感じました。
内容によって出来る場所が異なりますが、ホテルのプライベートビーチなどでは大体どこでもできるようです。ホテルで運営をしているところ、そうでないところといろいろとあり料金も異なりますが、トラブル等もあるようなのでお気をつけください。
また、ビーチ以外でも国道沿いにお店がありポイントまで連れて行ってくれる所もあるようです。

見ても楽しい海!Watch編 >>
↑ページ上へ

Copyright(C)2005-2008 temae-miso.com all rights reserved.